一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能
お問い合わせリンク一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

結納とはなにか?心構えておきたい基本

結納

結納とは何か?

恋をした男性と女性が将来へのかわらぬ愛の約束し結婚へ。

その約束の証が婚約であり、婚約の祝典のことを結納というそうです。
結納はもともと「言い入れ」「結い入れ」と呼ばれ、結婚を申込むという意味でした。


結納

両家が婚約の変えない印として結い納品を贈り、婚約を祝う儀式が結納です。

婚姻により両家が親類となり「結」びつくことを祝い、贈り物を「納」め合う儀式と言うことで「結納」と呼ばれる語源になったといわれています。

結納とは家と家を結ぶ大切な儀式です。
そのため細かい礼儀作法にのっとってやる必要があります。

昔は「正式結納」という方法で結納の儀式には仲人を立て、本人・両親・仲人と、日常生活で触れる機会もなく、若い人達にとっては初めての儀式でした。
そのうえ細かい作法やしきたりがあり、結納は難しいものと敬遠されがちな一面もありました。

しかし儀式そのものについては結納品を贈り、受け取る、礼を述べるという、いたってシンプルなものです。
大切なことは、約束の証として贈るということと、相手に対する思いやりや感謝の気持ちを結納品に託すという儀式であったといえます。

また長い歴史の中で結納の儀式も簡略化が進み、現代の結納は、両親の顔合わせという意味が強く仲人を立てない「略式結納」という方法を選ぶのがほとんどのようです。
形は簡略化されても、結婚前に両家が親交を深め、ふたりが婚約をしたことを確認する大事な儀式です。

このように様々な形であれ結納することによって結婚するって事は当人達の問題だけではなく両家の家族同士を縁で結ぶ大切な儀式だと思えることが、結納の正しい意味ではないでしょうか。

「結納」参考サイトの紹介
結納 結納のいろは
結納という昔からある儀式について、まずは結納っていったい何?という疑問を解消してくれるページです。結納の種類・地方によっての違い・困った時に役立つ知識など紹介されています。

 

その他のコンテンツの紹介
【結納の基礎知識】 - 正式結納と略式結納
まずは知っておきたい結納の知識を知るために、歴史をさかのぼって紹介されています 地域によっての違い、時代で変わり行く結納の変化など知って得する情報が載っています。
【結納式の流れ】 - 結納の段取りや祝宴の作法
実際の結納式の際に覚えておきたい儀式の流れについて説明されています。式の段取りについて困った時など、このページで予習して本番に備えるといいでしょう。
【結納マナー】 - 結納品/手土産/服装/忌み言葉
結納品を選ぶ際のマナーなど、普段とは違う事柄を要求されるものです。必要なものを項目別に解説されており、知っていて困らないマナーが紹介されています。


伝統文化
<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank"><img src="http://lesson-japan.com/img/banner.gif" alt="伝統文化" width="88" height="31" border="0"></a>

一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank">一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能</a>

広告掲載