一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能
お問い合わせリンク一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

能・狂言

日本の伝統芸能である能は、舞台演劇という性質から歌舞伎と混同されることが多い分野といえます。しかし、実際には能は「日本の総合エンターテイメントショー」とも言うべき伝統芸能なのです。
ここでは、能や狂言を包括する能楽について特徴や歴史などを解説していきます。

能・狂言の奥深さ

一般に言われる「能」や「狂言」とは、「能楽」に含まれる演目のことです。能楽は奈良時代に発祥した、日本の伝統文化で現代に至るまで広く愛されてきました。

歴史

能楽の始まりは奈良時代に起こった「猿楽」に起源があります。猿楽は演劇というよりもものまねや軽業などを中心とした大道芸で、娯楽の少ない当時の日本で爆発的な人気を得ていました。猿楽が現在の能楽に変化したのは、南北朝時代から室町時代にかけて活躍した観阿弥・世阿弥親子による功績が大きいといえます。観阿弥と世阿弥は、歌曲と結びついた猿楽を「能」として大成させました。その後、能楽は有力者の庇護を受けて日本の伝統芸能として現代にまで根強く残っていくことになります。

特徴

能楽の特徴は、「能」「式三番」「狂言」という三つの演目によって構成されていることです。それぞれが別々の内容を持ち、一度の舞台で芝居と音楽と舞踊を楽しめるというお得な構成になっています。

能を判りやすく表現するとすれば「日本のミュージカル」と言えます。「シテ方」と呼ばれる主役と、「ワキ方」と呼ばれる役者に音楽を担当する「囃子方」、ナレーションを担当する「狂言方」によって展開されていくのが特徴です。能では、シテが能面を被って芝居することがあるのも特徴といえます。能面の視界は普通のお面よりも狭く、芝居どころか歩き出すのも難しいほどで、シテ方の腕の見せ所ともいえます。

式三番

式三番は、歌曲と舞いで構成されるパートで猿楽の名残を残す能楽といえます。五穀豊穣を願う大衆文化に起源を持つとも言われ、式三番に出演する役者は一定期間身を清める場合があるほどです。式三番では、「翁」と呼ばれる超越的な存在が重要な役目を持っていると考えられています。

狂言

狂言は、能の幕間劇から発展した演劇でコメディとしての要素を強く持っているのが特徴です。国語の教科書でおなじみの「附子」も、狂言の一つです。能や式三番が超自然的な存在を重視しているのに対し、狂言は人間の喜怒哀楽や可笑しさを描いているのが特徴といえます。

楽しみ方

能は芝居・音楽・舞踊・コメディと、エンターテイメントとしての要素を余す所なく詰め込んだ伝統芸能です。しかし、歌舞伎と同じように敷居が高く感じられるのもまた事実です。ここでは、能の楽しみ方を紹介します。

時間に余裕を持つ

基本的には、能楽の公演は能と狂言の二つが演目となっている場合が多いです。それでも2時間以上は掛かるので、終演時間を把握しておくことが大事です。

静かにする

能には歌舞伎と違い、掛け声や拍手が好まれないという性質があります。ましてやスタンディングオベーションなどはもってのほかです。出来るだけ、自分から音を立てないようにして観賞するよう心がけましょう。

リラックスする

能は歌舞伎と同じ題材を取り入れた作品が多いこともあり、ある程度の教養が要求される面があります。かといって、予備知識がないと楽しめないというわけではないのでリラックスして楽しむのが良いでしょう。

伝統文化
<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank"><img src="http://lesson-japan.com/img/banner.gif" alt="伝統文化" width="88" height="31" border="0"></a>

一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank">一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能</a>

広告掲載