一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能
お問い合わせリンク一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

お正月の定番の音楽である「春の海」は、琴が使われている代表的な楽曲です。琴は日本独特の情緒を表現する、優れた楽器であるといえます。
しかし、私たちが普段「琴」と呼んでいる楽器は本来の「琴」ではないことをご存知でしょうか? 琴の真実などを紹介していきます。

琴のすべて

琴は古代中国から日本に伝来し、日本で独自の発展を遂げた弦楽器です。力士の四股名に「琴」の字が多く見られることからも、日本に根付いた伝統芸能であるといっても間違いではないでしょう。

琴の本当の事

私たちが知っている琴は、13本の弦を「琴柱」と呼ばれる支柱で支えて両手に付けた爪で演奏するタイプの琴と、鍵盤が付いた大正琴の二つに集約されていると思います。前者の13本の弦を持つ琴は正確には「箏(そう)」と呼びます。箏は奈良時代に唐から伝来し、それ以前から日本にあった和琴に取って代わってしまいました。和琴は六弦の琴で、和琴と箏を区別するために箏を「箏の琴」と呼んでいたことがあります。この表現は、日本の古典文学に度々登場していましたが、やがて「箏=琴」と認識されるようになり廃れてしまいました。

琴の歴史の事

箏が日本に伝わってくる以前、日本には和琴のほかにも複数の琴が存在していました。弦が少ない一弦琴や二弦琴、中国から伝わってきた古琴などがあります。古琴は七本の弦を持っているため「七弦琴」とも呼ばれます。古琴は現在で言うハーモニクス奏法が出来るなど音楽性の高い楽器でしたが、音量が小さかったため箏の登場で完全に廃れてしまっています。大正琴はその名の通り、大正時代に発明された楽器です。タイプライターにヒントを得たという鍵盤が弦を押さえ、右手に持ったピックで弦を弾くという一風変わった演奏法を持っています。

音楽性の事

琴の持つ音楽性は、ピアノなどの伴奏楽器に匹敵するものと評価できます。この音楽性は、琴の演奏スタイルにあるといえます。琴は、左手で弦を押さえ右手の親指・人差し指・中指に付けた爪で弦を弾きます。しかも、ただ弦を弾くのではなく「押し」という要素が加わります。押すタイミングを変えることで、奏でられる音に様々な表情が付けられます。琴の音色は、このような演奏法によって引き出された琴の魅力そのものなのです。

琴を習うには

琴は、茶道や華道に並ぶ「日本女性のたしなみ」の一つであるためか、習うことは難しくないといえます。しかし、幾つか注意しなければならないことがあるのです。

琴の価格

琴を始める上で欠かせないのが自分用の琴を購入することです。しかし、数年掛けてよく乾燥させた丸太を削りだして製作する琴は、非常に高価な価格を付けざるを得ないため入門用でも5〜10万円程度、最高級品になると200万円は下らないという価格設定になっています。

流派の違い

琴を入手して教室に通う場合、流派の違いにも気をつけておきたいところです。琴の流派には「生田流」と「山田流」があります。流派によって、使われる琴の種類も違うものですが、一般的には山田流の「山田箏」が広く取り扱われているのです。琴の違いはさほど深刻ではないものの、覚えておく必要があるといえます。

持ち運び

琴を習う上で一番の問題は、「琴の持ち運び」といえます。琴の重さは3〜5kg前後あるのに対し、全長が170cm以上と成人男性の平均身長を大きく上回っているのです。電車やバスに持ち込めば確実に一人分のスペースを取ることになりますし、持ち歩くだけでも相当の疲労を伴うことは確かです。

伝統文化
<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank"><img src="http://lesson-japan.com/img/banner.gif" alt="伝統文化" width="88" height="31" border="0"></a>

一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank">一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能</a>

広告掲載