一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能
お問い合わせリンク一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

俳句・短歌

「言霊の幸わう国」とも呼ばれるように、日本語は非常に豊富な語彙と表現を備えた言語といえます。俳句や短歌は日本語のもつ豊かな語彙や表現力を最大限に活かして、限られた文字数の中に季節の情緒を織り込む日本の伝統文化なのです。俳句と短歌の特徴について解説していきます。

俳句・短歌の楽しみ

俳句と短歌は、決められた文字数の中で様々な表現を用いて感情や情緒を表現する文学です。文学的には、俳句や短歌は詩の一種に含まれると見做されています。

特徴

俳句と短歌には、17文字または31文字というごく限られた文字数の中で感情や情緒を表現するというルールが定められています。俳句の場合、「季語」と呼ばれる四季を感じさせる言葉が使われていなければならないというルールがあります。また、文字数に従うだけでなく、俳句ならば「五・七・五」、短歌ならば「五・七・五・七・七」というリズムに則って詠まなければならないというルールがあります。

俳句の種類

俳句には、ルールに従わないことで表現の幅を広げたバリエーションが存在しています。一つは、季語を使わない「川柳」です。川柳は季節の情緒ではなく、世相などを風刺することが目的で俳句が流行した江戸時代に生まれたといわれています。もう一つは「自由率俳句」といって、「五・七・五」の文字数やリズムにとらわれない自由な俳句です。自由率俳句で知られる俳人には、尾崎放哉や種田山頭火などが挙げられます。

短歌と和歌

百人一首で耳にする機会の多い和歌は短歌の一種として扱われることがしばしばありますが、実際には短歌が和歌の一種に含まれて居ます。和歌は、「日本の歌」という意味があります。この場合の「歌」は詩と同じ意味で扱われます。和歌は、「五・七」のリズムに則って作られる詩で、「五・七・五・七・七」のリズムを持つ短歌も和歌の一種であるといえます。

英語で俳句を詠む

外国での日本文化ブームは、忍者や侍のように映画のイメージ先行で人気を得たものだけでなく俳句も包括しています。英語と俳句が結びついて生まれたのが「英語俳句」です。英語俳句は、日本語と違って「五・七・五」の音韻を踏めないため「三行詩形式で詠む」「できるだけ表現を単純にする」といった独自のルールを持っています。

俳句・短歌を詠む

俳句や短歌は、限られた字数と音韻などのルールがあるため難しく感じられますが、先人たちは制限内で工夫することで優れた名作を残してきたのです。

季語を重視する

俳句の特徴ともいえる季語は、文字数の少ない俳句の最大の難関となっているといえます。しかし、季語を入れることで季節感を強調できるという利点は俳句を詠む上では非常に有効な武器になるといえます。

表現技法にこだわり過ぎない

俳句や短歌には、様々な表現技法があります。しかし、表現技法にこだわりすぎると「何を伝えたいのか」という根本があやふやになってしまいがちです。俳句や短歌は、季節ごとに移り変わる風景、それに伴う感情や情緒を表現することこそが目的なのです。

多少の字余りは気にしない

俳句や短歌には、決められた字数を越えてしまう「字余り」がしばしばあります。しかし、一文字や二文字の字余りは誤差の範囲内であるといえます。字余りを気にして縮こまった句を詠むよりも、自分の感じ取ったものを表現することこそが重要なのです。

伝統文化
<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank"><img src="http://lesson-japan.com/img/banner.gif" alt="伝統文化" width="88" height="31" border="0"></a>

一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank">一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能</a>

広告掲載