一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能
お問い合わせリンク一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

着物の着付け

洋服の着方を知らない人は居なくても、和服の着方を知らない人は多いと思います。着物の着付けは、和服を着るために知っておかなければならない基礎知識なのです。和服人気が高まっている現代だからこそ、着付けを知っておく必要があるのです。着物の着付けについて解説していきます。

着物の着付けを知ろう!

和服は日本独自の衣服文化であり、伝統文化でもあります。現代では結婚式や成人式などの限られた行事の際に着る人だけでなく、日常から和服を着ている人も増えているといわれています。

和服と日本人

日本独特の衣服である和服は、日本人の生活様式に大きな関わりを持っていたといえます。着物の影響としては、明治時代まで日本人に根付いていた「ナンバ歩き」が挙げられます。ナンバ歩きは「同じ手と脚を前に出しながら歩く」という、着物が着崩れない歩き方であるといわれています。また髷や日本髪などの髪型も、和服じゃないと様にならない髪型であるといえます。和服は日本の文化を語る上で外すことが出来ない文化なのです。

和服の復興

洋服に押されて晴れ着として残されていた和服が再び脚光を浴びるようになったのは、若者のファッション文化からの影響が大きいといえます。和服の中でも親しみやすい浴衣を現代風にアレンジした「ゴスロリ浴衣」や、作務衣・甚平の流行などがその一因といえます。和服を普段着にする女性の増加も和服ブームに大きな影響を与えているようです。

着物の着付けの基礎知識

多くの伝統文化は、従うべき一定の作法というものがあるため敷居が高く感じられるように出来ているといえます。しかし、そういった作法の多くは合理的であるからこそ残された経験則に基づくものであることが多いのです。ここでは、着物の着付けに関する作法について解説します。

左前と右前

一般的に、着物を着る時は左前にしてはいけないといわれています。この左前というのは「左側の襟が前になる」ことではなく、「右側の襟が前になる」ことなのです。洋服と違って和服では左前がタブーとされているのは、葬式の際に着せる白装束の着せ方が左前だからというのが定説です。

帯の高さ

洋服におけるベルトの位置は、腰の骨に沿う高さになるようにするのが一般的です。和服の場合は腰の骨の位置で帯を結ぶのは男性の着付け方になり、女性の場合は腰紐をした上で腰から腹部を覆うように帯を巻きます。この帯の高さは、年齢と共に下に着付けていくのが和服の基本となります。

和服に合う体型

女性の場合、和服を着るときはある程度身体の凹凸を平らに近づけるよう補正しなければなりません。現代の日本人の体型は欧米人に近づいていることもあり、体型補正は特に重要です。特に、胸は帯で強調されやすい箇所なので和服用ブラジャーやさらしである程度潰すようにして補正する必要があります。女性の魅力ともされる腰のくびれやヒップも、タオルを巻いて補正しなければなりません。

着付けはどこで習うべきか

着物の着付けを習うには、書店に売っている本やインターネットを利用して独学で習得する方法と、教養講座や着物教室などを利用して人から教わる方法の二種類に大別できます。独学で学ぶ方法は、出費がテキスト代程度で済むという利点がありますが長続きしづらいという難点を持っています。人から教わる方法は、確実に覚えるのに向いているといえますが懇意の呉服屋から着物を買わされるケースがあるなど一長一短です。着付けを習う場合は事前の下調べを行なった上で自分にあった方法を選ぶようにしましょう。

伝統文化
<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank"><img src="http://lesson-japan.com/img/banner.gif" alt="伝統文化" width="88" height="31" border="0"></a>

一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank">一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能</a>

広告掲載