一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能
お問い合わせリンク一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

華道

花を生けて飾ることは世界的に見られる生活習慣の一つですが、花の生け方にこだわりまるで生きているように飾る手法を文化に成長させたのが日本の華道なのです。世界中に大きな影響を与えている華道は、一体誰が何時完成させたものなのでしょうか。華道について解説していきます。

華道を知ろう!

華道は俗に「生け花」とも呼ばれ、切花を自然に咲いていたように飾り付けるだけでなく、一枚の絵のように風景や情景を再現する芸術的な日本の伝統文化です。

始まりはどこか

華道の始まりは、室町時代に遡るといわれています。聖徳太子ゆかりの地である六角堂において、池坊専慶によって確立されたといわれています。この池坊専慶に因んで名付けられたのが華道家元の「池坊」といわれています。生け花自体は池坊専慶以前から行なわれており、平安時代に書かれた「枕草子」や「鳥獣戯画」にその名残を見ることが出来ます。

その特徴とは

華道の特徴は、「主役である花をいかにして活き活きと見せるか」を考え抜いた生け方にあります。剣山や支柱、花器を巧みに使って花の最高の瞬間を切り取ったように見せるのが生け花であり、華道なのです。花を飾るという行為自体は、普遍的なものといえますが「自然に咲いている状態」を目指して飾ることは類を見ない発想であるといえます。

生け方の種類を知る

華道には幾つかの生け方があり、生け方に応じた花の扱い方があります。

立花

立花は、花器を使って花を立てて飾る生け方です。起源は仏教の供花に由来するといわれ、床の間などに飾りつけるのが基本となっています。立花の「立」の字は「たてまつる」に通じ、尊い相手への礼儀としての意味があるといわれています。

生花

生花は、俗に言う「生け花」を華道に取り込んだ生け方といえます。生花のルーツは茶道にあるといわれ、茶室を飾るために生けられていました。華美になりすぎず、かといって脇役にもならずという絶妙のバランスで生けることを目的としているのが特徴といえます。

盛花

盛花は、主枝・副枝・客枝の三種類の花を使って風情を表現する生け方です。盛花には、主枝を垂直に生けて副枝に45度、客枝に60度と角度を付けて生けるというルールがあります。この角度は主枝を際出せるための計算に基づくものなのです。

自由花

自由花は、決まりごとの一切を取り払った生け方で場合によっては盛花も含まれることがあります。いわゆる「フラワーアレンジ」に近い生け方で自由度が高い分、製作者の感性に完成形が左右される難しさがあるといえます。自由花では華道ではあまり使われない西洋花も積極的に使用されています。

華道を楽しむために

華道は、芸術としての側面を持っているため敷居が高く感じられる伝統文化といえます。その一方で、個人差の大きい感性や個性を重視する側面を持っているため思っているよりも難しくないといえます。華道を楽しむためには、「美しいものを愛する心」を持っていることが大事であるといえます。美しさを自分の手で形にすることこそが、華道の魅力なのです。

伝統文化
<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank"><img src="http://lesson-japan.com/img/banner.gif" alt="伝統文化" width="88" height="31" border="0"></a>

一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank">一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能</a>

広告掲載