一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能
お問い合わせリンク一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

書道

書道は、義務教育の授業や正月の書初めなどで日本人の生活に深く関わっている伝統文化であるといえます。
きれいな字を書けるようにするために子供を書道教室に通わせる親も少なくありません。しかし、書道はただ綺麗な字を書けるようになる習字等の習いものではないのです。

書道の奥深さとは

日本の伝統文化の一つである書道は、「カリグラフィー」という飾り文字文化の一つに挙げられる東洋独自の美術であるともいえます。

その成り立ち

書道は、漢字使用圏である中国や日本のアジアを中心に発達した美術であるといえます。意思を伝達する手段として文字が誕生して発達する過程で重視されたのが「可読性」です。文字を読み書きできる人であれば、誰でも一目瞭然に内容を把握できるように文字を書くことは非常に重要なことであるといえます。つまり、書道は自然発生的に生まれた文化であるといえます。

どのような歴史を持っているのか

書道の歴史は、紀元前にまで遡る中国の歴史に深い関わりがあるといわれています。群雄割拠の時代が長く続いた中国では、地方によって使用されている字体が異なっていたため中央では字体の違いから起こる混乱がしばしばあったといわれています。この字体の違いに収拾をつけたのが、紀元前221年に中国を統一した秦によって定められた「隷書」という字体であったといわれています。日本に書道が伝わったのは、漢字と同じ時期と考えられています。

書道の偉人たち

書道においては、後世に大きな影響を与えた優れた書家が大勢現れています。特に中国の「書聖」と呼ばれた東晋の王義之、日本では弘法大師として知られる空海や橘逸勢らの「三筆」が知られています。特に空海は、「弘法筆を選ばず」「弘法も筆の誤り」などの書道に纏わる慣用句が残されているほど、書家としても親しまれている偉人といえます。

書道を始めよう

書道は、漢字圏に育った人であれば一度くらいは触れる機会がある身近な伝統文化であるといえます。そのため、道具や師事する先生を探すことに苦労しないという他の伝統文化にはないメリットを持っているのです。

入門編

道具を揃えることが、書道の第一歩であるといえます。墨や筆などは、100円ショップでも扱われるような時代になりましたが、100円ショップのものには品質に不安があるので書道用品の専門店か文房具店で買い求めたいものです。墨・筆・硯・文鎮・毛氈が一式揃っている書道セットは、入門者向けなのでお勧めです。

立志編

道具を揃えたなら、今度は先生探しです。カルチャースクールには、必ずと言っていいほど書道教室があるものです。しかし、人に書道への取り組み方が違うので水が合わないことも少なくありません。出来れば体験教室などを利用して、自分に合うかどうかを見極めてから通うようにしましょう。

飛翔編

良い先生に師事できて上達したと感じてきたならば、今度は展示会に出展です。展示会ではプロ・アマチュア問わず多数の作品が出展されているため気後れしてしまいがちですが、自分の腕前を見極めるためにも同好の士と交流を持つ上でも有意義なのです。

伝統文化
<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank"><img src="http://lesson-japan.com/img/banner.gif" alt="伝統文化" width="88" height="31" border="0"></a>

一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能

<a href="http://lesson-japan.com/" target="_blank">一度は身につけたい日本の伝統文化・芸能</a>

広告掲載